2019.11.15

EMA Cast:2010年10月号 - CRASH 2 トライアル(外傷患者におけるトランサミンのランダム化試験)

EMAの皆様、企画から約1年、ついにEMA Web担当&研究担当よりコラボ企画、“EM Alliance Cast” の登場です。

Podcast上で、ジャーナルクラブを再現しようという試みです。皆さんのところでも、抄読会とかジャーナルクラブとかってありますよね。でも一人だけが読んできて、それを日本語訳、紹介して終わりというパターンになることが多いのかもしれません。僕もそうでした。そこでEBM関連の本を読んでみる。わかったつもりになっても、いざとなると、論文を読むポイントが分からない。長ったらしい英語を読むだけで眠くなる。

そんな皆さんと一緒に勉強するつもりでPodcastを作りました。4つのポイント(PICO)に絞ったmethodの解読、そして5つのポイントに絞った批判的吟味。論文を読むことが楽しくなることを目指しています。

今回のJournal clubの論文はこちらから。なじみの深い外傷関係、今年の目玉スタディといっていい一本をLancetより。実際に論文を目の前に広げながら、podcastと一緒に読み込む形がオススメです。

Effects of tranexamic acid on death, vascular occlusive events, and blood transfusion in trauma patients with significant haemorrhage (CRASH-2): a randomised, placebo-controlled trial
The Lancet, Volume 376, Issue 9734, Pages 23 – 32, 3 July 2010

まずは気軽に聞いてみて下さい。まだまだTrialですから、ぜひ皆さんのご意見、ご批判をお願い致します。

技術担当:大淵(湘南鎌倉)、近藤(名古屋掖済会)
Journal担当:萩原(東大公衆衛生大学院)、長谷川(Harvard School of Public Health/BWH/MGH)

[audio m4a="http://www.emalliance.org/w/wp-content/uploads/2014/10/EMAllianceCast_1.m4a"][/audio]