2019.05.17

岸和田徳洲会病院 救急救命センター

はじめまして、初期研修医 伊藤嘉彦です。
僕がなぜこの救急病院で研修しているのか。
一番の理由は、諸先輩方のどんな状況でもとにかく動ける行動力と、成長の早さに魅かれたからです。当院の救急外来の総受診者数は年間4万人弱と近畿圏でトップクラスであり、救急車数も年間約1万件と大阪府第1位です。そのすべての患者さまへのファーストタッチは自分たち研修医です。時に肉体的・精神的にしんどい時もありますが、それでも続けられるんです。それはきっと、厳しいながらも陰ではきちんとレールを引き、困った時には導いてくれる指導医たちがいるからです。そして当院看護師も、患者さまの病態をすぐに把握して、迅速に動いてくれる優秀な方ばかりです。加えて、元和歌山医科大学救急部教授 篠崎先生や元大阪市立総合医療センター救急部部長 鍛冶先生を中心として、各指導医によるフィードバックやレクチャーを日々受けることができます。そんな環境の中でやればそりゃ成長しますよ。

皆さんも一緒に働きませんか? 患者さまの笑顔を見られるように全力尽くせる救急医になりませんか?
すでに救急医として働かれている先生方、当院にはない救急の色を教えに来ていただけませんか?
ぜひお待ちしております。

当科の特徴

岸和田市は大阪南部「泉州地域」に位置する『だんじり祭り』で有名な町です。
沖縄県立中部病院第1期研修生、その後に米国に臨床留学された上江洲朝弘総長により、当院で北米型救急部システムが確立され、すでに四半世紀以上、経過しました。現在は、第1次救急から第3次救急までを担う地域中核救急病院として、大阪南部全域から和歌山県まで、多くの患者を受け入れており、今や大阪府下で救急車搬送数 第1位を誇ります。
その長年の功績が認められ、厚生労働省が指定する『高度急性期入院対医院 2類』に選出されています(※1類=大学病院本院のみ。2類=大学病院本院並みの高診療密度の病院が指定)。大阪府の病院で2類の指定を受けているのは5病院のみで、岸和田徳洲会病院はそのうちのひとつです。

各診療科指導医師が救急医療に精通しており、救急救命センターに理解のあるたいへん働きやすい職場です。外科部長・整形外科部長・小児科部長をはじめとして、救急医学会認定医は10名を数え、BTLS (Basic Trauma Life Support)・ACLS (Advanced Cardiac Life Support) の活動も積極的に行なっています。昨年は小児科の協力を得て、新生児蘇生法:NRP(neonatal resuscitation program)も行い、当院の活動は新聞全国紙にも掲載されました。

近年は増加する救急患者に対応すべく、救急外来を改築し、個室の壁を取り払って死角をなくし、一目で全体を見渡せるワンフロアのオープンスペースにしました。この救急救命センターで、救急部スタッフは、初期・後期研修医、各診療科兼任の若手医師とともに救急診療をおこなっています。また、北米型ERと異なる点は重症患者を管理できる独自ベッドがあることです(後記)。外来での初診とトリアージのみでなく、救急病棟での重症患者も管理する「日本型3次救急」も経験できます。

当院の救急救命センターの特記すべき特徴として、消化器疾患/循環器疾患/外傷・整形外科の症例が多いことが上げられます。

年間11,000件の上下部内視鏡数、252件のESD(いずれも2010年1月-12月)と関西屈指の消化器センターであり、その数は現在も増加中です。外科の手術数もベッド数322床と中規模病院にして、年間1400件以上の手術数となり、2011年5月には大阪府のガン拠点病院に指定されました。

開心術・腹部大動脈瘤手術・末梢血管手術を加えた心臓血管外科の全手術数は、年間720件(2010年)を越え、日本トップクラスです。関西広域から循環器患者が多数受診され、循環器科・心臓外科医は24時間、救急救命センターをバックアップしています。

外傷患者の救急受診も多く、当院整形外科は変性疾患を含めて、1000件/年 以上の手術を行っており、整形外科疾患全般に幅広く対応しています。外傷は早期手術を原則としており、大腿骨近位部骨折は約3割が来院当日に手術を行っています。残りの7割を含めても手術待ち期間は1.5日という短期間で患者様・御家族に満足いただけるように最善を尽くしています。

救急患者のヘリコプター搬送も受け入れています。ヘリコプターは、当院目前の公園に着陸して、ただちに当院に搬送する体制となっています。

s-IMG_2794

「救急専門医コース(救急後期研修)」のカリキュラム内容

後期研修医は救急救命センター、救急病棟で専従業務となり、救急患者の対応、研修医の指導にあたります。
当院での後期研修の第1の魅力は、救急疾患の多様さ、数の多さです。救急搬送数が大阪府下1位であり、西日本屈指です。加えて、本人の希望次第で院内・院外の各科ローテートも可能で、subspecialtyも深められます。多くの後期研修医が各希望科をローテートしていています。また、院外の3次救急機関(泉州救命救急センター etc)でも研修可能です。

第2の魅力として、当院救急救命センターには日本救急医学会指導医として著名な篠崎正博先生、鍛冶有登先生が在籍していることです。ふたりともapproachable & supportiveな指導医で、研修医の将来の進路相談にも真摯に相談にのってくれます。

第3の魅力は、学閥がなく、各科の敷居が低く、どの科の医師にもコンサルトしやすい働きやすい環境が整っていることです。専門科が必要な場合はすぐにコンサルト可能です。

日本救急医学会救急科専門医、日本集中治療医学会専門医取得が後期研修の目標のひとつとなります。
日本救急医学会救急科専門医資格の申請には、以下の3項目が必要です。
・5年以上の臨床経験
・専門医指定施設において専従医として3年以上の臨床修練
・日本救急医学会専門医資格5年以上

後期研修医は、2ヶ月間の僻地離島研修を行うことが義務づけられています。医学技術・知識の研鑽のみならず、人生観にさらなる深みを与えます。現在3年目の後期研修医は与論島で研修予定です。

また、当院上江洲朝弘総長や、米国で30年以上指導医をされた客員指導医 川上文和先生を始め、多数の臨床留学経験者と交流を持つことができます。多数の臨床留学者を輩出している沖縄米国海軍病院で、もっとも多くのチーフインターンを輩出したのが岸和田徳洲会病院です。臨床留学希望者には、当院救急救命センター在籍中に、徳洲会からの短期研修として、ハワイ大学に1ヶ月間のエクスターン研修が可能です。2012年5月には「世界へGO! 臨床留学セミナー in 岸和田」を開催し、北は北海道、南は九州まで多くの参加者が集いました。

センター概要

【概要】
・名称:岸和田徳洲会病院 救急救命センター 救急専門医コース
・所在地:〒596-8522 大阪府岸和田市加守町4-27-1
・Webサイト:http://kishiwada.tokushukai.or.jp/link/html/sinryouka/er

【勤務体制】
救急部医師の勤務は8時および17時に、救急救命センターで申し送りがあり、原則、8時-17時(日勤)、17時-翌8時(夜勤)の2交代制をとっています。
基本的には初期研修医が全ての救急患者および外来患者の初期診療を行い、救急部スタッフ、3年目以後の各診療科スタッフがフォローする屋根瓦式をとっています。

【スタッフ】
・センター長:篠崎正博 (卒年 S48 元和歌山医科大学 救急医学講座教授)
・部長:鍛冶有登(卒年 S55 元大阪市立総合医療センター 救急部部長)
・医長:栗原淳洋(卒年 H15)

【年間救急車搬送件数&救急外来受診総数(2011年4月-2012年3月)】
救急外来受診者数 38686人/年(うち救急車搬送件数 9470人/年)

【救急救命センターの独自ベッド】
救急救命センターの独自ベッドとして、現在、全8床のER-ICU室が稼働しています。内科・外科・脳外科疾患で呼吸・循環管理の必要な患者さんが入院するHCU基準を取得した救急病棟です。
さらに、2012年6月のオープンに向けて、高度ICU機能を整えた救急救命センター専用新病棟の新築工事が進んでおり、現在のER-ICUと合わせて計30床になる予定です。
※現在の当院ICUは循環器科・心臓外科患者が占める、実質上のCCUとなっており、こちらは主に循環器科医・心臓外科医が管理しています。ローテート研修はもちろん可能です。

学生実習、研修医見学の連絡先

Kishiwada Tokushukai Hospital Emergency and Critical Care Center keeps on evolving!
進化し続ける岸和田徳洲会病院 救命救急センターで一緒に働きませんか。
いつでも見学・実習を受け入れております。希望者は以下にご連絡下さい。

連絡先:岸和田徳洲会病院 総務課 医師対策係
kishiwada-kenshu@tokushukai.jp